リセンス学級会の目的
これまでの学級会
【RESENSE学級会】いよいよ開講 リセンス勉強会アーカイブ
冤罪はなぜつくられるのか
講師近影

井上 薫


元裁判官
弁護士

昭和29年東京都生まれ
東京大学理学部化学科卒業
同修士課程修了
独学にて司法試験合格
昭和61年判事補
平成8年判事任官
平成18年判事退官後、
平成19年弁護士登録
(東京弁護士会所属)

【主な著書】
『司法のしゃべりすぎ』
『つぶせ!裁判員制度』
『平気で冤罪をつくる人たち』
ほか多数
(メール: inouekoji@nifty.com)


もしあなたが裁判員として関わった裁判で、有罪判決が下された人が、後に無実と証明されたら!?

裁判員制度のスタートによって、私たちの誰もが「冤罪」をつくる側に立つ可能性があります。


袴田巌死刑囚がその無罪を訴えて今なお再審請求中の「袴田事件」、無期懲役で17年間身柄を拘束された 菅家利和さんの再審無罪が確定した「足利事件」など、そこに関わる人たちの一生を大きく左右した冤罪事件の例は少なくありません。

元裁判官・井上弁護士は、日本の司法制度、裁判に内在する裁判官の心理傾向、心証に「冤罪の根源」があると指摘します。

冤罪はなぜ“つくられる”のか。

もしあなたが裁判員に選ばれて、死刑判決に関わることになったら!?この問いについて、議論しませんか。

皆さまお誘い合わせの上、ご参加お待ちしています。

皆様お誘いあわせの上、是非ご参加ください。

開催概要 ※「積極的に意見を言いたい!」という方はA席をどうぞ! ※軽給食・飲物付き。
日 時 2010年9月28日(火) 開場18:30 <19:00-20:30> 
                        (※最大〜21:00までの延長あり)
参加費 A.生徒席(聴講・発言あり)/B.参観席(聴講のみ)ともに、2,500円
※『ワンダーノーツ』をご覧の大学生限定!!
A,B席ともに参加料1,500円で受付けます。お申込時にお知らせ下さい。
ワンダーノーツHP:http://letter.wondernotes.jp/
会 場 『旧・日出小学校(ひのでしょうがっこう)』地図
所在地: 豊島区南池袋2-45-1

[池袋駅] 【東口】より徒歩約10分
地下鉄[東池袋駅] 【出口1】より徒歩約5分

お問い合わせ 株式会社ブレイン・コミュニケーションズ
TEL: 03-3288-6981
担当: 三田 mita@brain-communications.jp
参加申し込みはコチラ
たくさんのご応募ありがとうございました。
    ●ご注意事項
  • ※準備の都合上、お申込み・キャンセルは、9/27(月)までとさせて頂きます。以降のキャンセルについては恐縮ですが参加費を
    請求させて頂く場合がございます。
  • ※本会の模様をカメラ収録致します。別途、インターネットでのオンデマンド配信を予定しております。
目的
地図